BuzzScience

最先端の科学を、楽しく、面白く

1

【初級】体内時計を電気で操る!?

2016/07/08

Pocket
LINEで送る

う~~ん、最近夜眠れないのに昼は凄い眠くなるんだよなぁ・・・。

うと・・・うと・・・・


・・・・・・・。


ギャアアアアアアアアアアアアア!!!


な、何するんだよハカセ!!


ほっほっほ。電気を使って体内時計を直せないかと思ってのう。

目は覚めたかのう?


目は覚めたけど命の危機を感じたよ・・・。

みんなは絶対にやっちゃダメだよ!!

でもなんで電気を使ったら体内時計が直ると思ったの??


実は「電気を使って体内時計を制御することができる」ことが報告されたんじゃよ。

人間じゃなくて微生物じゃがのう。


へぇーすごいね!

でも、どうして電気で体内時計が直るの??


体内時計というのは、もともと「約24時間周期で変化する体内の電気の量」によってコントロールされているものなんじゃよ。

だから、その電気の量を制御してやれば、体内時計も直せるんじゃな。


なるほど!

でも体内の電気の量なんて簡単に制御できるものなの?


そこが問題なんじゃよ。

単に電気をかけても、感電したり効果が無かったりするんじゃ。


ハカセ分かってて僕に電気使ったの!?

ひどいよ!


ほっほっほ。すまんのう。

でもPMFという分子を使えば制御ができるようになるんじゃ。

PMFは電気を持ったまま細胞に入ったり、逆に細胞から電気を取ってきたりすることができるんじゃよ。

これによって、思い通りに細胞内の電気の量を調節できるんじゃな。


PMF電子伝達2

すごいや!

じゃあ、いつか僕たち人間の体内時計を直すことができるようになるかもしれないね!


そうじゃな。

体内時計の乱れによって太りやすい体質になってしまったり、生活習慣病かかりやすくなったりすることも知られておるから、成功すれば助かる人は大勢いると思うぞい。


ただし、絶対直接電気をかけてはいかんぞい本当に危ないからのう。


  中級・上級記事も読む

-PMF, 初級