7fa1de8d7f37adcda21357d994f40ef4_m

【中級】超伝導の世界記録更新!

2016/06/30

Pocket
LINEで送る

超伝導の記録更新

今回は「超伝導」についての研究を紹介します。

2015年9月、ドイツのマックスプランク研究所などのチームが、硫化水素で203 ケルビン (-70℃)の超伝導をNature誌に報告しました。

今回は、「超伝導ってそもそもなんだっけ?」とそんな話からはじめて、このNature誌に掲載された研究の紹介をしたいと思います。

超伝導とは

電気抵抗ゼロ?

まず超伝導とは何かを簡単に説明します。

超伝導とは、「電気抵抗がゼロになる現象」です。

では電気抵抗とはなんでしたっけ?

電気抵抗は電流の流れにくさの度合いことです。単位はオーム(Ω)。誰もが中学校の理科で学んだはず。

 

電気抵抗についての身近な例を挙げますと、皆さんご存知のように、一般的に金属は電流を流しやすい。それは電気抵抗(電流の流れにくさ)が小さいからです。

そして紙やゴムなどは電気が流れにくい。それは電気抵抗(電流の流れにくさ)が大きいからと考えることができます。

しかし、私たちの身の回りにある金属などの電気を流す物質は、いくら電気を流しやすいといっても、多少なりとも電気抵抗(電流の流れにくさ)が存在しています。そのため、電気を流すには電池などのエネルギーが必要になってくるわけです。

 

ところが、

物質を冷やしていくと、あるとき電気抵抗がゼロになる現象があるんです。

そう、それが超伝導です。

超電導TvsR

超伝導は魅力的?

繰り返しますが、超伝導は「電気抵抗(電流の流れにくさ)がゼロになる現象」。

つまり超伝導の状態では、いったん電流を流してしまえば、永久に流れ続きます

超伝導は1911年に、発見されて以降、物理学の一大分野となりました。

超伝導の実用化への問題

超伝導は、エネルギーなしで電流が流れ続ける。

すごい現象であるということは、なんとなくお分かり頂けたでしょうか。

少しずつ我々の日常にも使われ始めてきました。リニアモーターカーや病院にあるMRIなどはその代表です。
リニアとMRI

実用への問題点

しかし、超伝導の実用化には大きな問題があります。

それは、今のところ低い温度でしか超伝導は発見されていない、ということです。

超伝導を実用化しようと思うと、我々が暮らしているような20℃~30℃(300 ケルビン付近)で超伝導が現れなければなりません。

我々が暮らしている温度での超伝導、これを室温超伝導といいます。

室温超伝導は未だ発見されていませんが、室温超伝導を見つけるべく、これまでに膨大な数の研究がなされています。

 

超伝導の分野の物理学者たちは、より高い温度で超伝導を発見しようと日々競い合ってもいます。

高温超伝導の記録の移り変わり  http://www.riken.jp/pr/press/2010/20100423/ から引用

高温超伝導の記録の移り変わり  http://www.riken.jp/pr/press/2010/20100423/ から引用

2015年硫化水素で高温超伝導の新記録

超伝導は初めて1911年に水銀(Hg)で観測されたときは4 ケルビン (-269℃)と極めて低い温度でした。

研究者たちの絶え間ない努力により高温の記録は更新され、1980年代には100 ケルビン (-173℃)台に突入。

これまでの記録は1994年に報告された164 ケルビン (-109℃)でした。

 

そして、2015年にドイツのマックスプランク研究所などのチームが、硫化水素(H2S)という物質で、203ケルビン(-70℃)での超伝導を観測し、これまでの高温超伝導の記録を更新しました。

実はこの硫化水素(H2S)というのは、温泉に行ったときのいわゆる「硫黄臭さ」の原因となる物質。

 

誰もが知っていた物質が超伝導を示し、さらに現在の記録であるというのは驚きです。

物理学史に歴史を残すであろう硫化水素の超伝導の報告。かなりインパクトのある研究ですが、まだまだ我々の日常からは遠い-70℃。

さらに150万気圧というとんでもない圧力を加えることにより実現しました。これは畳1枚にゾウがおよそ500万頭乗ったときにかかる力に相当します。

 

それでも、すごい圧力下とはいえ、ついに200 ケルビン(-70℃)を超すところまできました。

室温超伝導が発見される日は来るのでしょうか。

  初級・上級記事も読む

-SC, 中級

  関連記事

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...

ナノカーeyecatch
世界最小の車、はやく走らせるには?

今回は、2017年4月に行われた世界最小の車の速さを競った、ナノカーレースの科学について紹介します。ナノカーとはなにでできているのか、どんな仕組みで走るのか、ど ...

quantumcomputer
量子コンピューターを「使う」時代に!?

コンピューターの性能は年々向上しており、普段使うスマートフォンにおいては不自由を感じない人も多いと思います。 しかし、未だ現在のコンピューターでは困難な計算もあ ...

thunderbolt
雷雲で起こる宇宙スケールの現象って? ~意外と知らない雷のヒミツ~

うだるように暑い夏の日、にわか雨と一緒にやってくる『雷』。大きな音と強い光でおなじみの雷には、まだ多くの謎が残されていることを知っていましたか? 今回は高校生二 ...

nobel
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】レーシックにも使われている「超短パルスレーザ」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

IBM_Blue_Gene_P_supercomputer
量子コンピュータへの応用も?“半導体量子ドット”の拡張に成功

コンピュータの歴史が変わるかも...! あなたの身の回りにある電荷製品やコンピュータの中では、電流となって流れる”電子”が今日も働いています。でも実は、電子その ...

180730-Magic-Angle-icon
21世紀物理の革命!?「マジック・アングル」の実現

今年、2018年の春に、世界中を沸かせた発見がありました。そのキーワードは「マジック・アングル」。日本語にすると「魔法の角度」です。 この発見とは何なのか?それ ...

grapheneeyecatch
グラフェンの新機能開発!?

グラフェン を用いた夢の省エネデバイス!? 今年の5月、グラフェンを用いた超高速、超省エネの夢のデバイス実現への第一歩といえる研究が日本のグループから発表されま ...

180214 ion switch-01
物理と化学の融合!?新しい「イオン・スイッチ」

物理と化学を最先端技術で組み合わせた「イオン・スイッチ」という手法が注目を集め始めています。この記事では、今年のNatureで報告された新しい「イオン・スイッチ ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...