全体アイキャッチ

人類、アト秒の世界を覗く

2018/09/29

Pocket
LINEで送る

860アト秒の出来事

物質中には電子などの、我々が普段感じることのできないミクロな世界が広がっており、非常に短い時間で様々なことが起こっています。

 

今回は、2016年4月11日に報告された、ミクロな世界の「860アト秒の間に起こっている現象を覗いた」という驚異的な研究を紹介します。

初級アイキャッチ

【初級】括目せよ!アト秒の世界!

2016/07/10 -attosec, 初級

2016年4月11日、NTT研究所・東京理科大学のグループにより、 「窒化ガリウム内の分極が860アト秒周期で振動する様子を観測した」 という論文が英科学誌Na ...

中級アイキャッチ

【中級】860アト秒!?電子の振動を観測!

2016/07/10 -attosec, 中級

2016年4月11日、NTT研究所・東京理科大学のグループにより、 「窒化ガリウムにおいて、860アト秒(アト秒=100京分の1秒)周期の電気的な振動を観測した ...

上級アイキャッチ

【上級】アト秒光源で見た!860アト秒周期の振動

2016/07/10 -attosec, 上級

2016年4月11日、NTT研究所・東京理科大学のグループにより、 「窒化ガリウムにおいて、860アト秒(アト秒=100京分の1秒)周期の電気的な振動を観測した ...

-attosec, Research, 物理学
-

  関連記事

トップアイキャッチ
磁力による物質加工が可能に

磁石の力でモノを加工できるかもしれない! こんな研究成果が2016年3月に発表されました。 この研究から、私たちが毎日のように使っている、パソコンやスマートフォ ...

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...

nobel
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】レーシックにも使われている「超短パルスレーザ」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

zoom2
ありふれた"温泉ガス"が超伝導体に!しかも世界最高温度...

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 buzzscience 最新記事 by b ...

fire
熱流を制御するトランジスタが実現!?

たった3つの量子ドットで熱トランジスタ 2016年5月に、量子ドットを3つ組み合わせるだけで熱流を制御、増幅する熱トランジスタを作ることができることがフランスの ...

180730-Magic-Angle-icon
21世紀物理の革命!?「マジック・アングル」の実現

今年、2018年の春に、世界中を沸かせた発見がありました。そのキーワードは「マジック・アングル」。日本語にすると「魔法の角度」です。 この発見とは何なのか?それ ...

AA319484
cucina
348
437
300
4108
5164
Scala di grigio
マヨラナ粒子の兆候を発見!? そもそもマヨラナ粒子とは?

マヨラナ粒子という言葉に聞き覚えはあるでしょうか。 殆どの人はNoだと思います。 これはEttore Majorana(エットーレ・マヨラナ)氏 (記事のサムネ ...

ナノカーeyecatch
世界最小の車、はやく走らせるには?

今回は、2017年4月に行われた世界最小の車の速さを競った、ナノカーレースの科学について紹介します。ナノカーとはなにでできているのか、どんな仕組みで走るのか、ど ...

oil_icatch
油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく... そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。 油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量 ...