grapheneeyecatch1

【初級】炭素のハチの巣が省エネデバイスに!?

2016/07/16

Pocket
LINEで送る

 

今年の5月、京都大学らのグループによって、グラフェンを用いて磁力の流れを電気的に検出できるという報告がなされました。

 

今日紹介する研究はコレじゃ!


なになに、「次世代スピントロニクス材料であるグラフェン」??「スピンを電圧に変換する新しい機能を発見」??

何言ってるかさっぱりだよハカセー。要するにどういうこと?


 

要するに、最近注目の新素材グラフェンと、スピンと呼ばれる磁気の流れを組み合わせると、

現代のエレクトロニクスの限界を超えた次世代のデバイスができるかもしれない、という研究なんじゃ。


 

まずグラフェンというのは炭素で出来たハチの巣状のシートのことじゃ。

シリコンを超える素材として次世代の超高速デバイス開発に使えそうなので最近注目されておるのじゃ。


https://en.wikipedia.org/wiki/Graphene

https://en.wikipedia.org/wiki/Graphene

へー、きれいな物質だね。

スピンっていうのは?


電子が電気を帯びているのは知っておるじゃろう?

実は電子はスピンと呼ばれる磁石の力(磁力)も持っておるのじゃ。


電子の持つ磁力を使えば、省エネデバイスが作れるかもしれんのじゃ!


??


これまでのエレクトロニクスではな、電気の流れを使って計算や情報のやり取りをしておるんじゃ。

わしらが使っておるパソコンやスマートフォン、家電全てがそうじゃ。


ふむふむ。


しかし、電気が流れると熱が出るんじゃ。パソコンやスマートフォンをずっと使っていると熱くなってくるじゃろ?

あれはエネルギーが熱になって無駄になっておる証拠なんじゃ。


そこで磁力じゃ!

電気の流れではなく、磁力の流れで計算や情報のやり取りをすればなんと余計な熱が発生しないのじゃ!


すごい!

ってことはむちゃくちゃ省エネになって電気代も安くなるね!


そうかもしれんのぅ。今回の研究ではグラフェンが磁力の流れの導線として使えること、さらには検出器としても動作することがわかったんじゃ!

ただでさえ凄かった新素材グラフェンの新しい機能とはこのことじゃな。


それはすごいや!

早く実用化されてほしいな!


グラフェン磁力の流れ、どちらもまだまだ研究段階で今後の科学技術において重要キーワードじゃ!

覚えておいて損はないぞい


 

  中級・上級記事も読む

-graphenespin, 初級

  関連記事

oil_icatch
油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく... そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。 油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量 ...

zoom2
ありふれた"温泉ガス"が超伝導体に!しかも世界最高温度...

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 buzzscience 最新記事 by b ...

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...

def1e8220c67e89c481bdaf7484065ed_s
超伝導ってなに?

今回の記事は「超伝導」についてのお話しをしたいと思います。 超伝導。 誰もが一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。 超伝導は物理学で最も研究が盛んに行 ...

quantumcomputer
量子コンピューターを「使う」時代に!?

コンピューターの性能は年々向上しており、普段使うスマートフォンにおいては不自由を感じない人も多いと思います。 しかし、未だ現在のコンピューターでは困難な計算もあ ...

thunderbolt
雷雲で起こる宇宙スケールの現象って? ~意外と知らない雷のヒミツ~

うだるように暑い夏の日、にわか雨と一緒にやってくる『雷』。大きな音と強い光でおなじみの雷には、まだ多くの謎が残されていることを知っていましたか? 今回は高校生二 ...

nobel
2016年のノーベル物理学賞は物質における"トポロジカル"な理論!?

2016年のノーベル物理学賞は「物質におけるトポロジカル理論」 2016年10月4日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されました。受賞したのはDavid J. T ...

全体アイキャッチ
人類、アト秒の世界を覗く

860アト秒の出来事 物質中には電子などの、我々が普段感じることのできないミクロな世界が広がっており、非常に短い時間で様々なことが起こっています。   ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

icon2
時間と空間の織り成す「時空間結晶」とは?

結晶と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? なんとなくきれいな形のものというイメージがありますが、実はパソコンやスマートフォンをはじめとして身の回りでもたくさん使 ...