BuzzScience

最先端の科学を、楽しく、面白く

図2

【中級】難病を克服!?答えは身近なところにあった!

2016/07/19

Pocket
LINEで送る

2016年6月、東京大学より「難病であるALSの治療法が確立された」いう論文が発表されました。ALSは神経の病気です。神経がうまく働かなくなることで、手足が動かなくなったり、食事ができなくなったり、最終的には呼吸もできなくなってしまいます。そのまま死に至るケースも多い難病です。最近映画化されたマンガ「宇宙兄弟」にも登場するので、もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれません。

ALS4

これまでALSには病気の進行を遅らせる薬しか無く、治すことは不可能でした。しかし、この研究成果により難病指定されているALSを克服できるようになるかもしれません。

 

ALSって?

ALSは神経の難病で、日本には約9,000人の患者がいます。脳からの命令は神経を通じて脳から脊髄に伝わり、さらに神経を通じて脊髄から筋肉に伝わりますALSに罹ると脳や脊髄の神経が正常に働かなくなり、命令が伝わらなくなります。そのため、手足が動かなくなったり、食事・呼吸もできなくなったりし、最悪のケースではそのまま死に至る場合もあります。

ALS1左が正常、右がALS。命令が伝わらずどんどん動かなくなっていきます。

ALSの原因がついに突き止められた

この研究グループは、ALSに罹るとカルシウムイオン(Ca2+)が神経細胞に大量に流れ込み、神経細胞が死んでしまっていたことを突き止めました。Ca2+には神経細胞を興奮させる働きがあります。正常な神経細胞では濃度が厳密にコントロールされていますが、ALSにかかるとこの調節機能が上手く働かなくなり、過剰なCa2+により神経細胞が死んでしまうのです。

ALS2

大量にCa2+が流入し、異常なまでに神経細胞が興奮することで、神経細胞が死んでしまいます。

 

ALSに罹ったマウスが治療できた

実は、世の中には既に「神経細胞へCa2+が大量に流れ込むことを防ぐ薬」が存在します。そこで、研究グループはこの薬をALSに罹ったマウスに与え、症状の進行を完全に止めることに成功しました。しかもALSが進行したマウスの病気の進行も抑えることができ、高い治療効果があることがわかったのです。

ALS3

ALS治療により拓かれる未来

今回の研究では、ALSの原因を突き止めたばかりか、実は既に販売されている薬で治療できることが分かりました。これはつまり、薬が安全であることが分かっているため、臨床試験を比較的早く開始できることを意味し、ALS治療実現への道筋が開かれたと言えます。

man-446668_960_720

  初級・上級記事も読む

-ALS, 中級