図2

【中級】難病を克服!?答えは身近なところにあった!

2016/07/19

Pocket
LINEで送る

2016年6月、東京大学より「難病であるALSの治療法が確立された」いう論文が発表されました。ALSは神経の病気です。神経がうまく働かなくなることで、手足が動かなくなったり、食事ができなくなったり、最終的には呼吸もできなくなってしまいます。そのまま死に至るケースも多い難病です。最近映画化されたマンガ「宇宙兄弟」にも登場するので、もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれません。

ALS4

これまでALSには病気の進行を遅らせる薬しか無く、治すことは不可能でした。しかし、この研究成果により難病指定されているALSを克服できるようになるかもしれません。

 

ALSって?

ALSは神経の難病で、日本には約9,000人の患者がいます。脳からの命令は神経を通じて脳から脊髄に伝わり、さらに神経を通じて脊髄から筋肉に伝わりますALSに罹ると脳や脊髄の神経が正常に働かなくなり、命令が伝わらなくなります。そのため、手足が動かなくなったり、食事・呼吸もできなくなったりし、最悪のケースではそのまま死に至る場合もあります。

ALS1左が正常、右がALS。命令が伝わらずどんどん動かなくなっていきます。

ALSの原因がついに突き止められた

この研究グループは、ALSに罹るとカルシウムイオン(Ca2+)が神経細胞に大量に流れ込み、神経細胞が死んでしまっていたことを突き止めました。Ca2+には神経細胞を興奮させる働きがあります。正常な神経細胞では濃度が厳密にコントロールされていますが、ALSにかかるとこの調節機能が上手く働かなくなり、過剰なCa2+により神経細胞が死んでしまうのです。

ALS2

大量にCa2+が流入し、異常なまでに神経細胞が興奮することで、神経細胞が死んでしまいます。

 

ALSに罹ったマウスが治療できた

実は、世の中には既に「神経細胞へCa2+が大量に流れ込むことを防ぐ薬」が存在します。そこで、研究グループはこの薬をALSに罹ったマウスに与え、症状の進行を完全に止めることに成功しました。しかもALSが進行したマウスの病気の進行も抑えることができ、高い治療効果があることがわかったのです。

ALS3

ALS治療により拓かれる未来

今回の研究では、ALSの原因を突き止めたばかりか、実は既に販売されている薬で治療できることが分かりました。これはつまり、薬が安全であることが分かっているため、臨床試験を比較的早く開始できることを意味し、ALS治療実現への道筋が開かれたと言えます。

man-446668_960_720

  初級・上級記事も読む

-ALS, 中級

  関連記事

MEG
アスリート必見!!運動前の脳活動から反応の速さを予測することに成功

あなたが素早く反応できるか否かは、脳を見れば一目瞭然だ そんな研究が、東京大学の研究グループから報告されました。 新たなスポーツトレーニング法への応用や、事故を ...

Young muscular man lifting weights over dark background
筋肉にも記憶が⁉若年期の運動が老後の健康を支える⁉

一度鍛えたことのある筋肉は、鍛えるのをやめて縮小してしまっても、鍛えたことのない筋肉より肥大化しやすいという特徴があるということが知られています。ところが、この ...

nobel
【2018年ノーベル医学生理学賞 解説記事】がん治療に革新をもたらした「免疫チェックポイントの発見」とは?

2018年のノーベル医学生理学賞は、免疫チェックポイントに関わるタンパク質PD-1及びCTLA-4の発見を行った本庶特別教授とアリソン教授が受賞しました。 がん ...

cancer-389921_960_720
がんを早期発見!ーがんを見分けるナノマシン造影剤ー

見える、見えるぞ!私にも敵が見える!! 今まで見えなかったがんも見えるようになった、すごい成果が出ました。 なんと、「がんを見分けて」「がんの周りだけで造影剤を ...

体内時計2
体内時計を電気で操る!?

体内時計は、電気でコントロールすることができる! 夜眠れなかったり、逆に昼間に眠くなったりすることはありませんか?? もしかしたら、その原因は「体内時計の乱れ」 ...

photo credit: National Institutes of Health (NIH) Gene Editing via photopin (license)
改造細胞で病気を治す!?

CART療法と呼ばれる、遺伝子改変した免疫細胞を用いて病気を治す療法が、近年注目されています。実用化に向けて様々な研究が行われていますが、今回はその中から、筆者 ...