BuzzScience

最先端の科学を、楽しく、面白く

eye3

【初級】難病が一つ減る!? 難病ALSに対する治療法!

2016/07/19

Pocket
LINEで送る

2016年6月、東京大学から筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法の確立という発表がありました。
今回はこの研究について見ていきましょう。


今日はALSという病気についての研究じゃ。




ALSって知ってるよ。宇宙兄弟に出てくる病気だね。
あれ面白いんだよねー。




うむ。マンガもいろいろなことを扱うから立派な教材の一つじゃからの。
好きなことから他の知識を増やすのはいいことじゃ。




話を戻そうかの。ではALSがどんな病気か知っとるかな?




筋肉が動かなくなっていくんだよね。最後には息もできなくなるんでしょ?



ALS4


そうじゃの。最悪そのまま亡くなってしまうことも多い難病じゃ。
ただALSは筋肉の病気ではなく、神経の病気なのじゃ。




神経?どういうこと?




筋肉を動かすとき脳から命令が出されるのじゃが、ALSではこの命令が伝わらなくなるんじゃ。



ALS1


へぇー。じゃあなんで命令が伝わらなくなるの?




最近までその原因すら分かってなかったんじゃ。
じゃが今回、神経のタンパク質に異常が起きていることを突き止めたんじゃ!




??




細かいことは省略するが、原因が分かればそれを治す薬を作ることは不可能ではないのじゃ。もちろん簡単ではないがのぅ。




ふーん。じゃあ新しい薬を作ったの?




それがラッキーなことにそのタンパク質を治す薬は違う病気の薬としてもう売られていたのじゃ!その薬を使ってALSにかかったマウスを治すことに成功したのじゃ。




すごい!じゃあすぐに人に使えるの?




もちろん治療実験が必要じゃが、既に使われているものじゃから、実際に使われるようになるまでのハードルも低いはずじゃ。




宇宙兄弟は2030年ぐらいでまだ治療法が見つかってないのに、現実では薬ができるかもしれないんだ!




事実は小説より奇なりじゃのう


  中級・上級記事も読む

-ALS, 初級