fire

熱流を制御するトランジスタが実現!?

2018/09/29

Pocket
LINEで送る

たった3つの量子ドットで熱トランジスタ

2016年5月に、量子ドットを3つ組み合わせるだけで熱流を制御、増幅する熱トランジスタを作ることができることがフランスの国立科学研究センターの研究者たちによって示唆されました。
(原論文:Quantum Thermal Transistor

今まで無駄にしていた熱を有効活用することは、エネルギー資源枯渇の問題、地球温暖化の問題を解決するために不可欠であり、今後の発展が楽しみな研究です。

今回は、物理系の論文誌で最も有名なPhysical Review LettersにEditor's Suggestion(編集者の推薦)で掲載されたこの研究の概要を解説します!

記事の難易度を選ぶ

リサイクル

【初級】熱のリサイクルで環境にやさしく!?

2016/07/17 -QTT, 初級

2016年5月、フランスの国立科学研究センターの研究者たちによって微弱な熱を増幅する方法が提案されました。 (原論文:Quantum Thermal Trans ...

電子回路

【中級】熱も電気のように制御できる!?

2016/07/15 -QTT, 中級

2016年5月、フランスの国立科学研究センターの研究者たちは量子ドット(※)を3つ組み合わせるだけで熱流を増幅できるという理論を発表しました。 (原論文:Qua ...

transistor

【上級】熱流を増幅する量子熱トランジスタが実現可能に

2016/07/14 -QTT, 上級

2016年5月、フランスの国立科学研究センターの研究者たちは量子ドット(※1)を3つ組み合わせることで熱流を増幅するトランジスタをつくることができるという理論を ...

-QTT, Research, 物理学
-

  関連記事

nobel
2016年のノーベル物理学賞は物質における"トポロジカル"な理論!?

2016年のノーベル物理学賞は「物質におけるトポロジカル理論」 2016年10月4日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されました。受賞したのはDavid J. T ...

180730-Magic-Angle-icon
21世紀物理の革命!?「マジック・アングル」の実現

今年、2018年の春に、世界中を沸かせた発見がありました。そのキーワードは「マジック・アングル」。日本語にすると「魔法の角度」です。 この発見とは何なのか?それ ...

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

icon2
時間と空間の織り成す「時空間結晶」とは?

結晶と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? なんとなくきれいな形のものというイメージがありますが、実はパソコンやスマートフォンをはじめとして身の回りでもたくさん使 ...

TSC_easy_eyecatch
”トポロジー”で音を自在に操る!?

今回紹介する研究は音についての研究です。私たちが普段から接している音という身近な現象にもわかっていないことがまだまだあります。 今回は「音響結晶中における音波の ...

180214 ion switch-01
物理と化学の融合!?新しい「イオン・スイッチ」

物理と化学を最先端技術で組み合わせた「イオン・スイッチ」という手法が注目を集め始めています。この記事では、今年のNatureで報告された新しい「イオン・スイッチ ...

def1e8220c67e89c481bdaf7484065ed_s
超伝導ってなに?

今回の記事は「超伝導」についてのお話しをしたいと思います。 超伝導。 誰もが一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。 超伝導は物理学で最も研究が盛んに行 ...

全体アイキャッチ
人類、アト秒の世界を覗く

860アト秒の出来事 物質中には電子などの、我々が普段感じることのできないミクロな世界が広がっており、非常に短い時間で様々なことが起こっています。   ...

grapheneeyecatch
グラフェンの新機能開発!?

グラフェン を用いた夢の省エネデバイス!? 今年の5月、グラフェンを用いた超高速、超省エネの夢のデバイス実現への第一歩といえる研究が日本のグループから発表されま ...