oil_icatch

油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

2018/09/29

Pocket
LINEで送る

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく...

そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。

油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量の液体をコントロールして分析する方法などへの応用が期待されています。

今回は、米科学誌Science Advancesに2016年6月17日付で掲載されたこの研究について紹介します。

oil-easy

【初級】あれ?液体がひとりでに集まっていくぞ?

2016/07/23 -oil transport, 初級

今回紹介する研究はこれじゃ! 「撥油表面上で油滴の自動輸送に成功」 んー??自動輸送?? つまりこの研究は何をしたの? ほっほっほ。分からんのも無理もないの。 ...

oil_mid

【中級】狙いの場所まで油滴が勝手に移動する、新しい材料が開発された!

2016/07/23 -oil transport, 中級

表面を微細加工すれば、油滴の自動輸送が可能になる 2016年6月17日、スウェーデンの研究グループは油滴が自動輸送される表面加工を世界で初めて実現しました。 注 ...

oil_high

【上級】撥油性表面において油滴の自動輸送を実現

2016/07/23 -oil transport, 上級

2016年6月17日、Science Advances誌に「油滴の自動輸送を実現」という研究が報告されました。 この研究は、表面張力が水と比べ極めて小さく濡れ広 ...

-oil transport, Research, 物理学
-

  関連記事

grapheneeyecatch
グラフェンの新機能開発!?

グラフェン を用いた夢の省エネデバイス!? 今年の5月、グラフェンを用いた超高速、超省エネの夢のデバイス実現への第一歩といえる研究が日本のグループから発表されま ...

ナノカーeyecatch
世界最小の車、はやく走らせるには?

今回は、2017年4月に行われた世界最小の車の速さを競った、ナノカーレースの科学について紹介します。ナノカーとはなにでできているのか、どんな仕組みで走るのか、ど ...

全体アイキャッチ
人類、アト秒の世界を覗く

860アト秒の出来事 物質中には電子などの、我々が普段感じることのできないミクロな世界が広がっており、非常に短い時間で様々なことが起こっています。   ...

180214 ion switch-01
物理と化学の融合!?新しい「イオン・スイッチ」

物理と化学を最先端技術で組み合わせた「イオン・スイッチ」という手法が注目を集め始めています。この記事では、今年のNatureで報告された新しい「イオン・スイッチ ...

TSC_easy_eyecatch
”トポロジー”で音を自在に操る!?

今回紹介する研究は音についての研究です。私たちが普段から接している音という身近な現象にもわかっていないことがまだまだあります。 今回は「音響結晶中における音波の ...

トップアイキャッチ
磁力による物質加工が可能に

磁石の力でモノを加工できるかもしれない! こんな研究成果が2016年3月に発表されました。 この研究から、私たちが毎日のように使っている、パソコンやスマートフォ ...

quantumcomputer
量子コンピューターを「使う」時代に!?

コンピューターの性能は年々向上しており、普段使うスマートフォンにおいては不自由を感じない人も多いと思います。 しかし、未だ現在のコンピューターでは困難な計算もあ ...

nobel
2016年のノーベル物理学賞は物質における"トポロジカル"な理論!?

2016年のノーベル物理学賞は「物質におけるトポロジカル理論」 2016年10月4日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されました。受賞したのはDavid J. T ...

180730-Magic-Angle-icon
21世紀物理の革命!?「マジック・アングル」の実現

今年、2018年の春に、世界中を沸かせた発見がありました。そのキーワードは「マジック・アングル」。日本語にすると「魔法の角度」です。 この発見とは何なのか?それ ...

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...