%e4%b8%8a%e7%b4%9a

【初級】タンパク質、君に決めた!

Pocket
LINEで送る

2016年6月、京都大学などから「狙った細胞膜上のタンパク質を活性化できる方法の開発」という発表がありました。少し難しいタイトルですが、今回はこの研究について見ていきましょう。

今日は細胞についての研究じゃ。


細胞?細胞なんてたくさんあるのだから、わかっていないことなんて少なそうだけど。


そんなことはないぞ。
細胞なんてわからないことだらけじゃ。
特に細胞の表面にあるタンパク質なんて、正確には理解できておらんのじゃ。


細胞の表面のタンパク質?何それ?


細胞の内側と外側ははっきりと細胞膜によって分けられておるじゃろう。
その時内と外を繋ぐのが細胞膜に存在するタンパク質なのじゃ!


図1

関所みたいなものってこと?


そうじゃな。
ほかにも働きがあるが、主には関所と言っていいじゃろう。


と言っていい?博士も知らないの?


すまんのう。そもそもはっきりとわかってないんじゃ。


なんで?


細胞膜には似たようなタンパク質がたくさんあるせいで、「このタンパク質の働きはこれ!」と言うのは難しいんじゃ。もちろん働きがわかっているタンパク質もあるが、1つのタンパク質だけを観察するのは難しくてのう。


へぇ~。あっ、そこで今回の研究「狙ったタンパク質の活性化」だね!?

ところでタンパク質が活性化するとどうなるの?


「活性化=はたらきON」という理解でいいじゃろう。

1つの分子で複数のタンパク質が活性化したりするのじゃが、今回の研究では細胞をちょちょっといじってやることで、1つのタンパク質だけを自然には存在しない物質で活性化できるようになったんじゃ!


すごい!じゃあタンパク質の働きがどんどんわかっていくの?


そうじゃな。さらにタンパク質は薬のターゲットになるので、新しい薬を作るのにも役立つじゃろう。


薬そのものを作る研究じゃなくて、薬を作るのに役立つ研究もあるんだ。


支える技術があってこそ、世の中に出るものを作れるんじゃ!


記事の難易度を選ぶ

  中級・上級記事も読む

-Chem receptor, 初級

  関連記事

photo credit: Royal Swedish Academy of Sciences The Nobel Prize in Chemistry 2017
【祝!クライオ電子顕微鏡がノーベル化学賞を受賞】クライオ電子顕微鏡ってなに??

2017年のノーベル化学賞はクライオ電子顕微鏡の開発や発展に関わった研究者たちが受賞しました! そもそもクライオ電子顕微鏡とは何か?クライオ顕微鏡で何ができるの ...

nobel
【2018年ノーベル医学生理学賞 解説記事】がん治療に革新をもたらした「免疫チェックポイントの発見」とは?

2018年のノーベル医学生理学賞は、免疫チェックポイントに関わるタンパク質PD-1及びCTLA-4の発見を行った本庶特別教授とアリソン教授が受賞しました。 がん ...

dna-2789759_1280
細胞運命を自在に制御する、DNAアプタマーの可能性!

「DNAアプタマーという化合物を用いて、狙った細胞運命を誘導する」という論文が発表されました。(2016年、東京大学のグループより) この技術を発展させることで ...

%e8%9b%87%e8%b6%b3
ヘビに足がない原因が特定される!?

蛇足はなぜなくなったのか? 遺伝子的にヘビにはなぜ足がないのかということに対して、アメリカのローレンス・バークレー研究所を中心に「ヘビの進化の過程における四肢関 ...

crocheting-1479210_1920
自然界に存在しないタンパク質の「デザイン」

「タンパク質」と聞くと、は何を思い浮かべるでしょうか。 私たちの体を作る栄養素の1つとか、筋トレをする人はプロテインを想像するでしょうか。 タンパク質は生物が生 ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...