BuzzScience

最先端の科学を、楽しく、面白く

%e3%83%98%e3%83%93

【初級】ヘビに足がない理由の発見!!

2017/01/09

Pocket
LINEで送る

2016年10月、アメリカのローレンス・バークレー研究所などから「ヘビに足がない原因の遺伝子が発見される」という発表がありました。少し難しいタイトルですが、今回はこの研究について見ていきましょう。


今日は遺伝子、特に発生学についての研究じゃ。発生学とは受精卵がどのように手や足、内蔵などになっていくかを研究する分野のことじゃな。




へー、それで今回は何がわかったの?




今回はズバリ「ヘビに足がない原因」がわかったのじゃ!




えっ、そんな当たり前のことがまだわかってなかったの?




当たり前のことほど分かっていないものじゃ。生き物の進化には不思議も多いしのう。
今回の研究では足を持っている生き物には存在し、ヘビには存在しない特別な遺伝子を明らかにしたのじゃ!




んん?どういうこと。




現在の技術があれば生物の遺伝子配列を解析することは難しくないのじゃ。すると、ある遺伝子がヒトはもちろんネズミやウシ、トカゲやトリだけではなくシーラカンスにまで存在する一方で、ヘビはその遺伝子配列を持っていないことがわかったんじゃ。



%e6%89%8b%e8%b6%b3


うーん、まだよくわからないけど、それだけじゃその遺伝子配列?が原因だとはわからないんじゃない。




ほう、鋭いのう。そこで筆者たちは遺伝子組み換えによって、その原因と思われるヘビの遺伝子配列をネズミに組み込んだのじゃ。すると、手足を失ったマウスが生まれたのじゃ!



%e3%83%9e%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88


えっ、こわいし、かわいそう…




ふむ、じゃがこれまで分かっていなかったことがわかって、さらにこういう遺伝子を編集することが技術的にできるようになったということは、科学が一層発展していくためには非常に重要なことなんじゃ。




じゃあしっかりネズミに感謝しながら研究をしないといけないね。




もちろん感謝しとるぞ。
どの研究機関でも毎年慰霊祭を行っておるしのう。




まあ今回の研究はすぐに社会の役に立つような応用は難しいかもしれんが、遺伝病の研究などに応用出来るかもしれんしのう。


記事の難易度を選ぶ

  中級・上級記事も読む

-Snake, 初級