171009-2D-magnet-icon

【初級】今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

Pocket
LINEで送る

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した」という報告がなされました。(2017年5月、米ワシントン大学のグループから報告)
今回はこの二次元磁石の発見の重要性について紹介します。

今日は新しい「磁石」の発見について紹介するぞ。


新しい磁石?どう新しいの?


まず、普通の磁石の真ん中をはさみで切ることを考えよう。磁石はどうなると思うかな?


この前教えてもらったからばっちりだよ! S極とN極を両方持つ磁石がふたつできるんだよね。


8_8and8_4_shape

磁石を切ると、S極とN極を両方持つ磁石がふたつできる

 

そうじゃ!では、この磁石を切るという作業を、何万回、何億回と繰り返して、磁石をどんどん薄くしてみよう。するとどうなるかな?


すごく薄い磁石ができる!


あるところまではそうじゃ。しかし、あまり薄くしすぎると、あるところで磁石でなくなってしまうのじゃ。


えっ、どういうこと?


ものを限界まで薄くするとあるところで原子一個分の厚みの二次元の膜になるのじゃが、三次元と二次元ではものの性質を大きく違うのじゃ。そして、「二次元の磁石は存在しない」という定理があるのじゃ。


「二次元の磁石は存在しない」ってことは、磁石をどんどん薄くしていくと磁石でなくなってしまうんだね。


この定理は50年も前に証明されていて、いまでは磁石の研究をする者の常識として深く浸透しているのじゃ。

8_8and8_4_shape

磁石を薄くしていくと、最後には磁石でなくなってしまう

 

そこで本題じゃ。今回みつかった新しい磁石とは、その常識に反して、いくら薄くしても磁石であり続ける「二次元磁石」なのじゃ。


二次元磁石」!? でも、原子と同じって、一体どのくらい薄いの?


驚くことに、0.000001ミリメートルまで薄くしても磁石としての性質を持ったままだったのじゃ。


8_8and8_4_shape

ものを「はいで」0.000001 mmまで薄くしても、磁石のままだった!

 

そんなに薄い磁石が作れたんだ!だけど…、さっき言ってた「二次元の磁石は存在しない」って定理はどうなったの?


定理の抜け穴になるものを作ったということになるな。その抜け穴のくわしい正体はまだ議論されている途中じゃ。


う~ん、なんだかもやっとしているなあ。


だからこそ面白いとも考えられるぞ。今回の発見をはじまりに、二次元磁石を説明できるような新しい理論の研究が始まるじゃろう。それだけじゃなく、二次元磁石を使ってわしらの生活に役立つものをつくる動きも始まっているぞい。

例えば、二次元磁石と他の材料を重ねることで、ものすごく薄くてペラペラのパソコンができたりするかもしれんのう。


そうか、この発見で新しい扉が開くかもしれないんだね。楽しみだなあ。


-2D magnet, 初級

  関連記事

nobel
2016年のノーベル物理学賞は物質における"トポロジカル"な理論!?

2016年のノーベル物理学賞は「物質におけるトポロジカル理論」 2016年10月4日、ノーベル物理学賞の受賞者が発表されました。受賞したのはDavid J. T ...

quantumcomputer
量子コンピューターを「使う」時代に!?

コンピューターの性能は年々向上しており、普段使うスマートフォンにおいては不自由を感じない人も多いと思います。 しかし、未だ現在のコンピューターでは困難な計算もあ ...

180730-Magic-Angle-icon
21世紀物理の革命!?「マジック・アングル」の実現

今年、2018年の春に、世界中を沸かせた発見がありました。そのキーワードは「マジック・アングル」。日本語にすると「魔法の角度」です。 この発見とは何なのか?それ ...

nobel-prize-1356450_960_720
【2018年ノーベル物理学賞 解説記事】「光ピンセット」とは?

2018年のノーベル物理学賞は『レーザ物理の分野における革新的な発明』という功績を称えられ、Arthur Ashkin・Gérard Mourou・Donna ...

icon2
時間と空間の織り成す「時空間結晶」とは?

結晶と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? なんとなくきれいな形のものというイメージがありますが、実はパソコンやスマートフォンをはじめとして身の回りでもたくさん使 ...

oil_icatch
油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく... そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。 油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量 ...

ナノカーeyecatch
世界最小の車、はやく走らせるには?

今回は、2017年4月に行われた世界最小の車の速さを競った、ナノカーレースの科学について紹介します。ナノカーとはなにでできているのか、どんな仕組みで走るのか、ど ...

AA319484
cucina
348
437
300
4108
5164
Scala di grigio
マヨラナ粒子の兆候を発見!? そもそもマヨラナ粒子とは?

マヨラナ粒子という言葉に聞き覚えはあるでしょうか。 殆どの人はNoだと思います。 これはEttore Majorana(エットーレ・マヨラナ)氏 (記事のサムネ ...

TSC_easy_eyecatch
”トポロジー”で音を自在に操る!?

今回紹介する研究は音についての研究です。私たちが普段から接している音という身近な現象にもわかっていないことがまだまだあります。 今回は「音響結晶中における音波の ...

grapheneeyecatch
グラフェンの新機能開発!?

グラフェン を用いた夢の省エネデバイス!? 今年の5月、グラフェンを用いた超高速、超省エネの夢のデバイス実現への第一歩といえる研究が日本のグループから発表されま ...