high_school_girl_face

【2話】雷に残されたヒミツ

Pocket
LINEで送る

雷についておさらいするも、「雷のヒミツ」にはたどり着けなかった二人。
雨も止まないようなので、引き続き調べ物をしています。

雷って、雲の中で起こっていることだけあって、意外とわからないことも多いのね


みたいだな。こっちで見つけたのは……雷雲の中でプラスとマイナスの電気がどのように広がっているのか、わからないらしい


雷雲の上空に、大規模な発光が起こることもあるんだって。その範囲は……100km?


その発光の仕組みもわかっていないのか。でも、兄さんが言ってたこととは違う気がする


これかな? 『雷雲で起こるガンマ線の発生現象』


それだ! 確かに兄さんは『ガンマ線』がどうとか言ってた


でも、そもそも『ガンマ線』って何のこと?


何だろうな? 今度は、『ガンマ線』で調べてみるか


smartphone

・ガンマ線は電磁波と呼ばれるものの一種で、通信に使われる電波や、目に見える光(可視光)、レントゲン診査に使われるエックス線の仲間。
spectrum_last

電磁波の種類:エネルギー高い←→エネルギー低い

・ガンマ線は電磁波の中でも高いエネルギーを持っていて、ガンマ線が放射される現象としては、太陽や銀河、超新星爆発といった宇宙規模の現象や、核反応などがある。
・ガンマ線放射の観測によって、宇宙の現象を解明しようという試みがある。

こんなところか。うーん、雷と関係があるようには思えないな


エネルギーが高くて、宇宙で発生するようなものなんだよね。それが雷雲の中で起こるって、どういうことなんだろう?


こればっかりは調べるのも難しそうだな。うん、雨も上がったみたいだし、帰って兄さんに聞いてみるよ


本当だ。確かに暇つぶしにはなったけど、もやもやするなあ。ちゃんと聞いてきてよね


ああ、また明日な


またね


The following two tabs change content below.

akishi_pinevalley

-thunderbolt

  関連記事

zoom2
ありふれた"温泉ガス"が超伝導体に!しかも世界最高温度...

The following two tabs change content below.この記事を書いた人最新の記事 buzzscience 最新記事 by b ...

monopoleeye
固体中のモノポール? 磁石中で発見、制御!

えっ!モノポール(S極だけ,N極だけの磁石)が存在する!? そんな研究が、東京大学・理化学研究所の研究グループから報告されました。 エネルギーロスの無いデバイス ...

icon2
時間と空間の織り成す「時空間結晶」とは?

結晶と聞くと何を思い浮かべるでしょうか? なんとなくきれいな形のものというイメージがありますが、実はパソコンやスマートフォンをはじめとして身の回りでもたくさん使 ...

トップアイキャッチ
磁力による物質加工が可能に

磁石の力でモノを加工できるかもしれない! こんな研究成果が2016年3月に発表されました。 この研究から、私たちが毎日のように使っている、パソコンやスマートフォ ...

171009-2D-magnet-icon
今までの常識を破る「二次元磁石」の発見!?

二次元における物理は21世紀物理の大きなテーマですが、二次元の「磁石」はこれまで見つかっていませんでした。しかしついに今年、Natureで「二次元磁石を発見した ...

ナノカーeyecatch
世界最小の車、はやく走らせるには?

今回は、2017年4月に行われた世界最小の車の速さを競った、ナノカーレースの科学について紹介します。ナノカーとはなにでできているのか、どんな仕組みで走るのか、ど ...

180214 ion switch-01
物理と化学の融合!?新しい「イオン・スイッチ」

物理と化学を最先端技術で組み合わせた「イオン・スイッチ」という手法が注目を集め始めています。この記事では、今年のNatureで報告された新しい「イオン・スイッチ ...

oil_icatch
油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく... そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。 油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量 ...

grapheneeyecatch
グラフェンの新機能開発!?

グラフェン を用いた夢の省エネデバイス!? 今年の5月、グラフェンを用いた超高速、超省エネの夢のデバイス実現への第一歩といえる研究が日本のグループから発表されま ...

fire
熱流を制御するトランジスタが実現!?

たった3つの量子ドットで熱トランジスタ 2016年5月に、量子ドットを3つ組み合わせるだけで熱流を制御、増幅する熱トランジスタを作ることができることがフランスの ...