自動公共交通機関

【4話】自動運転の未来

Pocket
LINEで送る

『自動運転』の中にも、人の運転を機械でサポートする『運転支援』から、状況に関わらず機械が人間の代わりに運転する『完全自動運転』まで、いくつか段階があるって話だったね


ああ。次は、自動運転の実現に向けた技術開発としてどんなものがあるのか、調べてみるか


 

自動運転の技術発展


技術発展

『認知』や『判断』を向上させる取り組みとして、レーダー技術の発展や、画像認識の精度向上があるんだね


ミリ波、レーザー。使う波の種類によって、レーダーも少しずつ性能が違うらしいな。……画像認識の、この、機械学習っていうのはなんだ?


人間が経験によって適切な判断ができるようになるのと同じで、機械にいろんな画像を見せて、それが人だったり、車だったり、車線だったりって学ばせることで、判断の精度を上げることができるんだって


ふーん、ただ教えるだけじゃなくて、自分で勉強させるってところか


そうみたい。あと、画像認識だけじゃなくて、完全自動運転を機械学習で実現しようという試みもあるんだって。そもそも、認知、判断、操作を一緒にして、運転そのものを教えてしまおう、って


なるほど。ところで、挑戦的ではあるけれど、完全自動運転の実用化を目指した構想がいくつか出てきたぞ


 

完全自動運転の導入計画


自動公共交通機関

これは……普通の乗用車じゃなくて、バスやタクシー?


そうだな。特に利用者の少ない地方だと、どうしてもこういった小回りの利く公共交通機関は運営するのが大変らしいんだ。自動化によって人件費を減らすことで、そういったサービスを届けられるようにするのが目的なんだとか


どれどれ? ロボットミニバスは専用の車線を設けて、普通の車と通行を別にすることで、リスク軽減を図る、と


高度な判断は難しいから、それが必要ない環境を整えてやるってことらしい。例えば、線路の決まった電車なら無人運転も実用化されているだろ? 電車と自動車の中間って感じみたいだ


いろいろなアイデアがあるんだね。私たちが運転できるようになるころには、車社会は大きく様変わりしているのかもしれないね


ああ。ただ、技術的な発展とはまた別に、自動運転には倫理的な課題もあるみたいなんだ


倫理的って……どういうこと?


俺もまだちらっと見ただけだからな……最後に、自動運転の責任問題についてまとめてみよう


 

認知判断操作

【1話】『運転』ってなんだろう?

2018/07/17 -selfdriving-car

そもそも『自動運転』の前に、『運転』って、具体的に何をしているんだろう? そりゃあ、ハンドル切ったり、アクセルやブレーキ踏んだり…… でも大事なのって、“いつ” ...

判断比較

【2話】人間の得意なこと、機械の得意なこと

2018/07/17 -selfdriving-car

さっきの話で、運転は『認知』『判断』『操作』の3つからなるってあったよね ああ。機械にやらせるとなるとどこが難しいんだろうか 逆に、機械より人間の方が苦手なこと ...

自動運転のレベル_2

【3話】『自動運転』のレベル

2018/07/17 -selfdriving-car

『運転』には大きく分けて、認知、判断、操作、3つの要素があった。なら『自動運転』はどこまで自動化してくれるんだろうな? あった。自動化の度合いによって、5つのレ ...

自動公共交通機関

【4話】自動運転の未来

2018/07/17 -selfdriving-car

『自動運転』の中にも、人の運転を機械でサポートする『運転支援』から、状況に関わらず機械が人間の代わりに運転する『完全自動運転』まで、いくつか段階があるって話だっ ...

自動運転の責任問題

【5話】自動運転の責任問題

2018/07/17 -selfdriving-car

自動運転の技術発展や、それがどう車社会を変え得るか、って調べたわけだけれど、それとは別に、倫理的課題があるって言ってたね ああ。要するに、『もし事故が起こってし ...

-selfdriving-car

  関連記事

quantumcomputer
量子コンピューターを「使う」時代に!?

コンピューターの性能は年々向上しており、普段使うスマートフォンにおいては不自由を感じない人も多いと思います。 しかし、未だ現在のコンピューターでは困難な計算もあ ...

Lorenz
カオスの同期現象

みなさんは、「カオス」という現象をご存じでしょうか?カオスとは、「予測ができるはずなのに予測ができない」現象のことで、多くの研究者の興味を惹きつけています。この ...

20170212220249
強化学習〜人工知能が賢くなる方法〜

2012年に開催されたコンピュータによる画像認識コンテストでディープラーニングを用いた手法が一躍注目を浴びて以来、第3次人工知能ブームが来ていると言われています ...