Athletics_banner

【初級】これで100mも9秒台突入!?最高のスタートを保証する脳の研究最前線

Pocket
LINEで送る

2016年6月2日、「脳を見れば素早く反応できるか予測できる!」という論文が英科学誌Scientific Reportsに掲載されました。
短距離走のような競技の新しいトレーニング方法や、人為ミスを防ぐシステムなどへの応用が期待されています。

おや、この成果を祝って、目本陸上競技連盟科学委員会がなにやら宴会を開いているみたいです。
ちょっと覗いてみましょう。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

お前が今、何かの出来事に素早く反応できるかどうかは、お前の脳の状態に委ねられている。では具体的に、どういう状態が「素早い反応」に必要か分かるか?


要はアレですよね、集中力とかイメトレとかが大事ってコトですよね。僕も100m走る時、精神研ぎ澄ませてピストル鳴るのを待ってますもん。


簡単に言うとそういうことだな。じゃぁ、もう一つ質問だ。その「素早い反応」に必要な「集中力とかイメトレ」は、どうやって鍛えればいいと思う?


んー、そうですね。スタート練習しまくって、慣れるしかないんじゃないですかね。気合で。


お前な、あんま科学のお話に根性論持ち込まない方がいいぞ?一応ここ、サイエンスブログだからな。だがお前の言う通り、今のトレーニングは基本的に「慣れ」に頼っている。お前もきっと、何千回・何万回とスタート練習を繰り返したことだろう。


そうなんですよ~。あれ、すげー集中力いるんですよね。


お前も分かると思うが、ただ集中すればいいってもんじゃない。集中し過ぎて、かえって力が入って反応が遅くなった経験もあるだろ?そこであの論文の登場だ。


…と言いますと?


まだ分からんのか。あの論文はな、「脳のどの部分が素早い反応に必要なのか」を突き止めたんだ。逆に言えば、「素早い反応ができるか否かは、脳の状態を見れば一目瞭然」ってわけだ。


脳の働きを突き止めたことと、スタート練習になんの関係があるんですか?


言っただろう。今までは何千・何万回とスタート練習をして「感覚」を養わなければいけなかった。その感覚を、誰もが掴めると思うか?


それに、スタート練習に全てつぎ込むわけにはいかない。スタート練習と同時に脳の状態をモニタリングできれば、最適な精神状態を数値化できるし、トレーニングはもっと効率化できる


なるほど…


14
16

  中級・上級記事も読む

www.olympic.org

-MEG, 初級

  関連記事

体内時計2
体内時計を電気で操る!?

体内時計は、電気でコントロールすることができる! 夜眠れなかったり、逆に昼間に眠くなったりすることはありませんか?? もしかしたら、その原因は「体内時計の乱れ」 ...

nobel
【2018年ノーベル医学生理学賞 解説記事】がん治療に革新をもたらした「免疫チェックポイントの発見」とは?

2018年のノーベル医学生理学賞は、免疫チェックポイントに関わるタンパク質PD-1及びCTLA-4の発見を行った本庶特別教授とアリソン教授が受賞しました。 がん ...

photo credit: National Institutes of Health (NIH) Gene Editing via photopin (license)
改造細胞で病気を治す!?

CART療法と呼ばれる、遺伝子改変した免疫細胞を用いて病気を治す療法が、近年注目されています。実用化に向けて様々な研究が行われていますが、今回はその中から、筆者 ...

neurons-440660_960_720
難病から治る病気に!!ALSの治療法開発

ALS「いつかだれかが私を倒すだろう」 大人気マンガ宇宙兄弟でも取り上げられている難病ALSに対する治療法が東京大学より報告されました。 少し前に世界的にアイス ...

cancer-389921_960_720
がんを早期発見!ーがんを見分けるナノマシン造影剤ー

見える、見えるぞ!私にも敵が見える!! 今まで見えなかったがんも見えるようになった、すごい成果が出ました。 なんと、「がんを見分けて」「がんの周りだけで造影剤を ...

Young muscular man lifting weights over dark background
筋肉にも記憶が⁉若年期の運動が老後の健康を支える⁉

一度鍛えたことのある筋肉は、鍛えるのをやめて縮小してしまっても、鍛えたことのない筋肉より肥大化しやすいという特徴があるということが知られています。ところが、この ...