「 投稿者アーカイブ:eguchi 」 一覧

nobel-prize-1356450_960_720

【2018年ノーベル化学賞 解説記事】タンパク質の人工的な進化とは?

2018年のノーベル化学賞は、「指向性進化(Directed Evolution)」「ファージディスプレイ法」という、タンパク質の人工的な進化に関する方法の開発 ...

nobel

【2018年ノーベル医学生理学賞 解説記事】がん治療に革新をもたらした「免疫チェックポイントの発見」とは?

2018年のノーベル医学生理学賞は、免疫チェックポイントに関わるタンパク質PD-1及びCTLA-4の発見を行った本庶特別教授とアリソン教授が受賞しました。 がん ...

7650968304_IMG_2220

【研究室紹介】東京大学 山東研究室

2018/08/06   -研究室紹介

研究室紹介第1回の舞台は、東京大学本郷キャンパスにある山東研究室です。 実はこの研究室、BuzzScience代表の江口が現在在籍している研究室であり、山東教授 ...

crocheting-1479210_1920

自然界に存在しないタンパク質の「デザイン」

「タンパク質」と聞くと、は何を思い浮かべるでしょうか。 私たちの体を作る栄養素の1つとか、筋トレをする人はプロテインを想像するでしょうか。 タンパク質は生物が生 ...

image

【上級】タンパク質をデザインする

2018/07/23   -de novo protein, 上級

「自然界に存在しない複数回膜貫通タンパク質の作製に成功した」という研究が報告され、Science誌に掲載されました。(2018年3月、ワシントン大学Insitu ...

crocheting-1479210_1920

【初級】自然界に存在しないタンパク質を作る方法

2018/07/23   -de novo protein, 初級

「自然界に存在しないタンパク質の作製に成功した」という研究が報告され、Science誌に掲載されました。(2018年3月、ワシントン大学Insitute of ...

dna-2789759_1280

細胞運命を自在に制御する、DNAアプタマーの可能性!

「DNAアプタマーという化合物を用いて、狙った細胞運命を誘導する」という論文が発表されました。(2016年、東京大学のグループより) この技術を発展させることで ...

photo credit: danielleherreraHuman Genome via photopin (license)

【初級】DNAの新たな使い方、「DNAアプタマー」の可能性!

2017/11/07   -DNAaptamer, 初級

「DNAアプタマーという化合物を用いて、狙った細胞運命を誘導する」という論文が発表されました。(2016年、東京大学のグループより) この技術を発展させることで ...

3316209998_d3dce133d0_z

【上級】細胞運命を自在に制御する、DNAアプタマーの可能性!

2017/11/07   -DNAaptamer, 上級

「DNAアプタマーという化合物を用いて、狙った細胞運命を誘導する」という論文が発表されました。(2016年、東京大学のグループより) この技術を発展させることで ...

photo credit: National Institutes of Health (NIH) Gene Editing via photopin (license)

改造細胞で病気を治す!?

CART療法と呼ばれる、遺伝子改変した免疫細胞を用いて病気を治す療法が、近年注目されています。実用化に向けて様々な研究が行われていますが、今回はその中から、筆者 ...