BuzzScience

最先端の科学を、楽しく、面白く

「 投稿者アーカイブ:小野田 実真 」 一覧

oil_icatch

油が自動で移動する、材料表面の新しい加工法を開発

2016/07/24   -Research

液体が...ひとりでに一箇所に集まっていく... そんな研究が、フィンランドの研究グループによって報告されました。 油汚れをひとりでに弾き飛ばす表面や、僅かな量 ...

oil-easy

【初級】あれ?液体がひとりでに集まっていくぞ?

2016/07/23   -oil transport, 初級

今回紹介する研究はこれじゃ! 「撥油表面上で油滴の自動輸送に成功」 んー??自動輸送?? つまりこの研究は何をしたの? ほっほっほ。分からんのも無理もないの。 ...

oil_mid

【中級】狙いの場所まで油滴が勝手に移動する、新しい材料が開発された!

2016/07/23   -oil transport, 中級

表面を微細加工すれば、油滴の自動輸送が可能になる 2016年6月17日、スウェーデンの研究グループは油滴が自動輸送される表面加工を世界で初めて実現しました。 注 ...

oil_high

【上級】撥油性表面において油滴の自動輸送を実現

2016/07/23   -oil transport, 上級

2016年6月17日、Science Advances誌に「油滴の自動輸送を実現」という研究が報告されました。 この研究は、表面張力が水と比べ極めて小さく濡れ広 ...

Athletics_banner

【初級】これで100mも9秒台突入!?最高のスタートを保証する脳の研究最前線

2016/07/02   -MEG, 初級

2016年6月2日、「脳を見れば素早く反応できるか予測できる!」という論文が英科学誌Scientific Reportsに掲載されました。 短距離走のような競技 ...

100m

【中級】スポーツトレーニングに革命!運動前の脳活動から反応の速さを予測することに成功

2016/07/02   -MEG, 中級

2009年8月16日。ウサイン・ボルトは、わずか9秒58で100mを駆け抜け、全世界を驚愕させました。 ウサイン・ボルトは、世界陸上ベルリン大会で9.58の驚異 ...

Single-trial prediction of reaction time variability from MEG brain activity

【上級】脳磁図解析によりヒトの反応時間の変動を予測

2016/07/02   -MEG, 上級

素早く反応するためにはー 東京大学の研究グループは、ヒトの脳がどのような状態にある時に素早く反応できるのかを予測することに成功し英科学誌Scientific R ...

MEG

アスリート必見!!運動前の脳活動から反応の速さを予測することに成功

2016/07/02   -Research

あなたが素早く反応できるか否かは、脳を見れば一目瞭然だ そんな研究が、東京大学の研究グループから報告されました。 新たなスポーツトレーニング法への応用や、事故を ...